#542『ウェス・モンゴメリー/バック・オン・インディアナ・アヴェニュー : キャロル・デキャンプ・レコーディングス』

閲覧回数 810 回

text by Kimio Oikawa 及川公生

Resonance Records/King International KKJ1034 輸入盤 2枚組 日本語解説付 ¥3,600(税込)

Wes Montgomery (g)
Earl Van Riper, Buddy Montgomery | John Bunch | Carl Perkins (p)
Melvin Rhyne (org, p)
Monk Montgomery | Mingo Jones (b)
Paul Parker, Sonny Johnson (ds)
David Baker (tb “Sandu” & “Whisper Not”)
David Young (ts “Sandu” & “Whisper Not”)

Disc 1:
Piano Quartets with guitar, piano, bass & drums
1. Four On Six (4:45)
2. Mr. Walker (3:45)
3. ’Round Midnight (7:12)
4. So What (4:56)
5. The End of A Love Affair (4:25)
6. Tune Up (4:34)
7. West Coast Blues (3:14)
Organ Trio with trombone and saxophone
8. Jingles (8:19)
9. It’s You Or No One (4:29)
10. Nothing Ever Changes My Love For You (5:56)
11. Ecaroh (3:49)
12. Sandu (4:26)
13. Whisper Not (6:45)

Disc 2:
Trio with guitar, piano and bass
1. Stompin’ at the Savoy (7:26)
2. It’s You or No One (Take 2) (9:21)
3. Opus De Funk (6:52)
4. Summertime (9:38)
5. Between the Devil and the Deep Blue Sea (4:51)
6. Easy Living (5:49)
7. Four (5:36)
8. I’ll Remember April (5:23)
9. The Song Is You (8:48)

Recorded possibly in the mid- to late 1950 in Indianapolis, Indiana
Sound restoration by George Klabin
Mastered by Fran Galaat Resonance Records Studio
Produced for Release by Zev Feldman
Executive producer: George Klabin


丸みを帯びたギターのサウンドに、アナログ時代を懐かしむ。ドラムのサウンドにもアタックの高音域のエッジはなく、バッサリ切られているのが面白い。タムの重い音は今聴いて、古いとかの問題ではないと大音量で聴く。空間を生かす配慮は全くなく、モノ音源にすべてが集中される。ミックス・バランスでの音像の組み立て方に当時のモノ録音の手の内を知る。
ピアノのサウンドも明瞭に浮かぶが、なんと骨太な音だと昨今との比較で、しびれる。音量差で、ここまで明確な組み立てをした録音は珍しい。

及川公生

及川公生

及川公生 Kimio Oikawa 1936年福岡県生まれ。FM東海(現 東京FM)技術部を経て独立。大阪万国博・鉄鋼館の音響技術や世界歌謡祭、ねむ・ジャズ・イン等のSRを担当。1976年以降ジャズ録音に専念し現在に至る。2003年度日本音響家協会賞受賞。東京芸術大学、洗足学園音楽大学非常勤講師を経て、現在、音響芸術専門学校非常勤講師。AES会員。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

↓ ロボットでないかお知らせください。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。