#566『八木隆之トリオ/マトリックス〜ライヴ・アット・ザ・アディロンダック・カフェ』

閲覧回数 625 回

text by Kimio Oikawa 及川公生

アディロンダックレーベル AD1004

八木隆幸 (p)
伊藤勇司 (b)
二本松義史 (ds)

1. スウィート・ アンド・ ラブリー (Gus Arnheim/Julets Lemare)
2.セレニティ (Joe Henderson)
3.ストールン ・モーメンツ (Oliver Nelson)
4.ホワット・ イズ ・ディス・ シング ・コールド・ ラブ? (Cole Proter)
5.アイム ・ゲッティング ・センチ-メンタル ・オーバー・ユー (George Massman)
6.ビュー ・フロム・ ニューアーク (Takayuki Yagi)
7.マトリックス (Chick Corea)

Recorded 2019年3月5日&5月7日 at アディロンダック・カフェ、東京神田神保町
Recording & editing engineer: Masayoshi Masubuchi 増淵正義
Produced by Osamu Takizawa 滝沢 理
Executive producer: Nobuyuki Horiguchi


このレーベルはどのディスクも、決まり事がある。猛烈、圧倒の音像が覆いかぶさる。したがって至近距離でリーダーの音を聞いている雰囲気が素晴らしい。アタックのキレの良さ。音質の素晴らしさ。そこには躍動感さえ感じる。バランスも素晴らしく、ベースの音像がすくっと立ち上がり、シンバル、スネアーの音像が見え隠れ。ミックス・バランスに、つい、うまいなあ〜と声が出てします。ライヴの空間を知っているだけに、よくもここまで明瞭さを得るマイキングをしたなと、感服。


*CDレヴュー(悠雅彦)
https://jazztokyo.org/reviews/cd-dvd-review/post-45953/

及川公生

及川公生

及川公生 Kimio Oikawa 1936年福岡県生まれ。FM東海(現 東京FM)技術部を経て独立。大阪万国博・鉄鋼館の音響技術や世界歌謡祭、ねむ・ジャズ・イン等のSRを担当。1976年以降ジャズ録音に専念し現在に至る。2003年度日本音響家協会賞受賞。東京芸術大学、洗足学園音楽大学非常勤講師を経て、現在、音響芸術専門学校非常勤講師。AES会員。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。