菅原光博 ジャズを撮る! #8「マイルス・デイヴィス 1973~75」

閲覧回数 1,577 回

1973年6月に続く1975年1月の来日公演と1975年6月のNYニューポート・ジャズ・フェスティバルでの計3回のライブを観た!

続きを読む

ヒロ・ホンシュクの楽曲解説 #70 Miles Davis<Penetration>

閲覧回数 3,223 回

1991年9月28日に他界したマイルスの最後のヨーロッパツアーの2日目である7月1日、仏ヴェイエンヌ(Vienne)・ジャズ・フェスティバルでのライブ録音がこの6月25日にリリースされた。目玉はなんと言っても初公開になった2曲のプリンス作品だろう。マイルスとプリンスのコラボに関連付け、2曲中1曲を解説。おまけはケニー・ギャレットのユニークなアウトの仕方を解説。

続きを読む

ジャズ・ア・ラ・モード #48 水玉模様とお月さま: Polka Dots and Moonbeams

閲覧回数 2,239 回

ジャズのスタンダードナンバー<ポルカ・ドッツ・アンド・ムーンビームス:Polka Dots and Moonbeams>からファッションの話を一つ。

続きを読む

小野健彦のLive after Live #169~#174

閲覧回数 2,212 回

引き続き感染対策ゆめゆめ怠らず、進むLaL。今月号では、東京2020オリンピック開会式の夜:7/23から76回目の終戦の日:8/15に巡った夏の日のドキュメント計6本をご紹介。
内、ジャズの現場に出向いた5本では、昭和~平成~令和の日本のジャズ・シーンを、地味ながらも、恐らく各自ご自身の極めて心地良い場所に在って、それぞれのベースで下支えして来られた役者達が多数そろい踏み。卓越した表現者達の現在進行形の息吹を感じていただければ幸いです。
更に巻末には、7/4にご逝去された稀代のシンガー・ソングライター中山ラビ氏への追悼文も付録。

続きを読む

追悼:バートン・グリーン~どうか不義理をお許しください。

閲覧回数 3,000 回

もし彼がECMや居住国オランダのICPなどの有名レーベルから作品をリリースしていれば状況は違ったかもしれないが、そうしなかったグリーンに俠気(おとこぎ)を感じて惚れ直す筆者のようなファンも少なくないだろう。

続きを読む

空気を造形する楽器 ジョエル・ライアン by dj sniff

閲覧回数 2,881 回

オランダの文化助成制度に翻弄されながらも何とか新しいことをやろうとしていた私をいつも肯定し、一番のアライでいてくれたのもジョエルだった。もちろんエヴァン・パーカーにも紹介してくれ、その結果パーカーのレーベルpsiからリリースした私のCDはまるで通行手形のように伝統あるヨーロッパ・フリーインプロのツアーサーキットやフェスティバルへの参加の機会をくれた。

続きを読む

#110『ルイ・アームストロング 生誕120年 没50年に捧ぐ』

閲覧回数 2,093 回

この著書は、サッチモに関するバイブルであると同時に音楽人としてどう生きるべきかを気付かせてくれる人生のバイブルでもある。

続きを読む

#2123 『Evan Parker Electroacoustic Quartet / Concert in Iwaki』

閲覧回数 2,097 回

このサウンドの新鮮さはなんなのだろう。21年前の録音なのに…。

続きを読む

#2122 『The Very Big Experimental Toubifri Orchestra / Dieu Poulet
ザ・ヴェリー・ビッグ・エクスペリメンタル・トゥビフリ・オーケストラ / ニワトリの神』

閲覧回数 2,145 回

前衛だからと言ってしかめっ面をする必要はない。子供でも“実験って面白い!”と楽しめる、それが“トゥビフリ”精神なのだ。

続きを読む

#2121 『高木元輝カルテット/Live at Little John, Yokohama 1999』

閲覧回数 2,254 回

強靭にして互いに異なる4人が共存した、貴重なドキュメントである。金剛督+竹内直『アワー・トライバル・ミュージック』と高木元輝トリオ『LIVE at Airegin』とをつなぐリンクでもある。

続きを読む

#2120 『アントニオ・アドルフォ/ジョビン・フォエヴァー』
『Antonio Adolfo / Jobim Forever』

閲覧回数 1,859 回

強靭さを内に秘めた軽快さ・爽快さ・洒脱さなどを第一義に考えた、旨味の多い好アルバム

続きを読む

#2119 『海原純子/ゼン・アンド・ナウ』
『Junko Umihara / Then and Now』

閲覧回数 1,910 回

人生の明暗、哀楽、生死。ここから目を逸らさない観念が出来上がっているから、海原の歌はスケールが大きいのだ

続きを読む

#2118 『Lyle Mays / Eberhard』
『ライル・メイズ/エバーハルト』by 神野秀雄

閲覧回数 2,543 回

<Eberhard>は、「水の循環」を想起させるような、そしてライルが永遠の中に生き続けていると感じさせる音楽だった。ライル・ファンには最高の贈り物となった。ありがとう、ライル!

続きを読む

#2116 『Lyle Mays / Eberhard』
『ライル・メイズ/エバーハルト』by 布施音人

閲覧回数 2,268 回

“Eberhard” は、Lyle Mays の音世界への新たな一つの窓である。この繊細で奥深い窓を通して、また一つ彼の音楽に触れられること、そして音楽への希望、ひいては音楽と非音楽全てへの希望を感じられることに、心から感謝したい。

続きを読む

#2115 『Lyle Mays / Eberhard』
『ライル・メイズ/エバーハルト』by 新澤健一郎

閲覧回数 2,243 回

ライルのピアノとシンセサイザーの豊潤な響きが部屋いっぱいに広がる。これで充分だった。ライルの最後の筆をこうして聴くことができて感謝の気持ちに溢れている。

続きを読む

#2114 『井上陽介トリオ/NEXT STEP』with 武本和大、濱田省吾
『Yosuke Inoue Trio / Next Step』with Kazuhiro Takemoto & Shogo Hamada

閲覧回数 2,341 回

気鋭の若手、武本和大と濱田省吾が参加したトリオのセカンドアルバム。井上陽介がトリオを活動の中心と定め、2年間にわたり日本中を共に旅してきた結果、より自由でタイトな音楽になり、クオリティーの高いアルバムが生まれた。

続きを読む

#2112 『沖至カルテット/ライヴ・アット・ジャズ・スポット・コンボ 1975』
『Itaru Oki Quartet “Live At Jazz Spot Combo 1975”』

閲覧回数 713 回

私は、本アルバムにおいて、ドラムのパワーとビート感の専制としての「魔」を有する<日本のジャズ>が頂点を極めたことを確認した。

続きを読む

#2111 『リック・カントリーマン/ファースト・バード』
『rick countryman / “the first bird”』

閲覧回数 1,945 回

しかしリックは64にして無伴奏ソロを完成した。貴方はまだ登り続けるのか。

続きを読む

#2110 『外山喜雄&デキシー・セインツ:デキシー・マジック〜ビビディ・バビディ・ブー、Again!』

閲覧回数 1,972 回

外山善雄と恵子夫婦率いるデキシーセインツは、今年で46年目を迎える息の長いバンドだ。長さだけではない、彼等の経歴は、日本ジャズ史上最高の輝きを放っている

続きを読む

#1175 Fujirock Festival 2021 夏の苗場で聴いたジャズ~上原ひろみ「The Piano Quintet」など

閲覧回数 2,497 回

今年のフジロックは新型コロナウイルス感染対策をとり、入場者数を制限した開催。上原ひろみ、ROVO、小沼ようすけなどが登場し、サイド参加の石若駿など見どころ豊富な3日間となった。

続きを読む

#1174 Concert for Taka~橋本孝之君に贈る演奏会

閲覧回数 3,357 回

コロナ禍が続く中、以前のように自由にコンサートを開催することが難しい状況ではあるが、これからも橋本君が喜び驚くような“とんでもない”演奏が、いろんな場所で繰り広げられていくことは間違いない。それを確信させる演奏会だった。

続きを読む

#1173 久保田成子展

閲覧回数 2,383 回

『Viva Video! 久保田成子展』(於大阪国立国際美術館)は彼女の30年ぶりの個展、没後初の回顧展で、これまでパイク(や小野洋子)の陰に隠れがちだったアーティストの復活が意図されている。良い監修を受けたというのが見終わって最初の一言だった。

続きを読む

#1171 エリック・ミヤシロ・ビッグ・バンド in 新潟市北区文化会館 by 鈴木貴浩

閲覧回数 2,930 回

バディ・リッチ、デューク・エリントン、サド・ジョーンズ、ウディ・ハーマンからチック・コリアまで非常に幅広い曲を様々なリズム・スタイルで演奏し楽しませてくれた。かつてのEMバンドやBNTASJOとも違う、ジャズをよく知らない人にも音楽の持つ力と素晴らしさをビッグバンド・スタイルで届けたいと構成されたのが「エリック・ミヤシロ・ビッグ・バンド」だと感じた。

続きを読む

#682『海原純子/ゼン・アンド・ナウ』『海原純子/トーキング・トゥ・ユー』
『Junko Umihara / Then and Now』『Junko Umihara / Talking To You』

閲覧回数 1,609 回

ボーカルの声の質感が優れていて低音域の豊かさが心地いい。

続きを読む

#681『沖至/Live at Jazz Spot Combo 1975』+『高木元輝/Live At Little John, Yokohama 1999』

閲覧回数 2,351 回

何たるサウンドの落ち着き!絶句。マスタリングが相当に音質に寄与していると感じた。

続きを読む

#679『外山喜雄&デキシー・セインツ/ビビディ・バビディ・ブー〜デキシー・マジック、AGAIN!』

閲覧回数 1,973 回

サウンドにマジックあり雰囲気を伴い、通りすぎるバンドの行進を表す。

続きを読む

Interview #228 海原純子 Junko Umihara

閲覧回数 1,604 回

私は歌手というより音楽を通してメッセンジャーとして活動していると思っているので、医療から得たり感じたりしたことを医療の中だけで伝えることが出来ないから、寓話的に音楽とコラボする活動をしています

続きを読む