JazzTokyo

Jazz and Far Beyond

ビル・エヴァンス

特集『私のジャズ事始』

フリンジとジョージ・ガゾーン ヒロ・ホンシュク

ブルース・ギタリストになりたいと思っていたが、ボストンに到着したその週に見たGeorge Garzone(ジョージ・ガゾーン)が私の人生を変えた。「ガゾーンになりたい」の一心でジャズの勉強を始め、フルートの練習も本気で始めた。自分の人生はこの時点から始まったと言っても過言ではないと思う。

Read More
GUEST COLUMNNo. 307

カマシ・ワシントンが切り拓くジャズ復権の道 後藤雅洋

カマシ、グラスパーらに代表される現代ジャズ・ミュージシャンたちの柔軟なスタンスは、「ポピュラリティを恐れない自己表現」という言い方で一括される。

Read More
InterviewsNo. 299

Interview #257 ウォルフガング・ハフナー

ハフナーが語るアルバム『Silent World』に込められたポジティヴな感情

Read More
ヒロ・ホンシュクの楽曲解説No. 293

ヒロ・ホンシュクの楽曲解説 #82 R.I.P. Warren Bernhardt <Modern Times>

ウォーレン・バーンハートが83歳で亡くなった。ブレッカー・ブラザーズが経営していた、スタジオ・ミュージシャンたちの息抜きの場であったジャズクラブ、Seventh Avenue Southで活躍するアーティストの一人だった。彼の演奏や作曲作品が大好きだったので、なぜもっと評価されないのかその謎を探ると、驚くべき経歴が浮かび上がった。

Read More
InterviewsNo. 289

Interview #244 ローリー・ヴァホーミン

私は彼の遺産を支援することに興味があり、そのために本を書き、ビルの膨大な作品群から直接インスピレーションを受けて新鮮な新しい作品を創作している人たちをネットワークし、支援し続けているのです。

Read More
InterviewsNo. 288

Interview #241 ローリー・ヴァホーミン by マーク・マイヤース #5(最終回)

最大の贈り物は、彼の死に立ち会えたこと、そしてそれを若くして見ることができたことです。精神的な面で、私にとってポジティブな経験でした。

Read More
ジャズを撮る!菅原光博No. 283

菅原光博ジャズを撮る!「マイルス・デイヴィス Part3 ~1981&1989」

マイルスのあの独特で繊細な音色の”マイルストーン”、いつも時代の先に向かう”マイルス・アヘッド”、そして”マイルス・スマイル”の三部作。

Read More
CD/DVD DisksNo. 282

#2125 『Marc Johnson / Overpass』
『マーク・ジョンソン/オーヴァーパス』

マーク・ジョンソンが初ベースソロアルバムをECMからリリース。ビル・エヴァンス・トリオ当時に、毎晩ソロで演奏された<Nardis>、『Bass Desires』の<Samurai Hee-Haw>から再構築された<Samurai Fly>などを収録。イリアーヌ・イリアスを共同プロデューサーにサンパウロで録音された。

Read More
Jazz à la Mode 竹村洋子No. 274

ジャズ・ア・ラ・モード#42. モニカ・ゼタールンドのエレガントな 60年代ファッション

スウェーデンのジャズ・シンガーで女優でもあるモニカ・ゼタールンド のエレガントで洗練された’60年代調ファッションについて。

Read More
ヒロ・ホンシュクの楽曲解説R.I.P. チック・コリアNo. 273

ヒロ・ホンシュクの楽曲解説 #62 Chick Corea <Matrix>

前回のWesに続き、今回も筆者のジャズ初心者の頃に戻ってみた。まだマイルスを知らない頃の話だ。『Three Quartets』でチック・コリアに魅了され、次に何度も何度も聴いた<Matrix>の分析と、当時マイルスのバンドのフリージャズのスタイルに多大な貢献を残したチックの解説を試みてみた。

Read More
international(海外)NewsR.I.P. ゲイリー・ピーコック

追悼 ゲイリー・ピーコック(1935.5.15 – 2020.9.4)
〜キース・ジャレット、菊地雅章、ポール・ブレイ、ポール・モチアン、ビル・エヴァンスらと共演

キース・ジャレット、菊地雅章、富樫昌彦、村上寛、佐藤允彦、山本邦山らとの共演で知られるゲイリー・ピーコックが9月4日、自宅で穏やかに息を引き取った。

Read More
Jazz à la Mode 竹村洋子No. 266

ジャズ・ア・ラ・モード #34 ビル・エヴァンスの『中年の危機 』

ジャズ史上極めて重要なピアニストであるビル・エヴァンスの1970年代の変身ぶりについて。

Read More
R.I.P. ライル・メイズNo. 263

早すぎだよ、ライル by 大久保哲郎

ライルが死んでしまったという想いで、あらためて彼がかかわった曲を聴いている今、どうしても 喪失感で涙がこみあげて来そうになってしまう。

Read More
R.I.P. / 追悼R.I.P. ライル・メイズNo. 263

Memory of Lyle Mays by André Mehmari

13歳でライルの音楽に出会って以来、その輝ける魂は私の人生におけるインスピレーションの源です。

Read More
ヒロ・ホンシュクの楽曲解説No. 255

ヒロ・ホンシュクの楽曲解説 #44 Bill Evans <Our Love Is Here To Stay>

この4月13日にビル・エヴァンスの未発表ライブ2枚組、『Evans In England』がリリースされた。7年近く続いたビル・エヴァンス第二期トリオだ。このアルバムをもって、ジャズの歴史の中でどうエヴァンスが特異であったかを考察して見た。また、スイングの曲でのエヴァンスの意外なボイシングも採譜で解説。

Read More
Columnタガララジオ 多田雅範No. 236

タガララジオ 48 「2017年、晩秋に聴かれるべき5枚のピアノ盤を!」

ほんとはオザケン+セカオワを筆頭にしてノンジャンルでノータイムなタガララジオを書こうと思っていたのですが、ピアノ盤ならべていたら締め切り日になっていたという、

Read More
ヒロ・ホンシュクの楽曲解説No. 236

ヒロ・ホンシュクの楽曲解説 #25 Jon Hendricks <Manhattan>

ジョン・ヘンドリクスが他界した。ジャズ界ばかりでなく、ストーンズやビートルズやブラジル音楽家たちにまで影響を及ぼした偉人。ヴォーカリーズをイノベートしたヘンドリクスは、ラップ・ミュージックをこの1958年録音のジョージ・ラッセル作品、『New York, N.Y.』でイノベートしたとも言われている。このレコーディングにまつわるラッセルとヘンドリクスとのやりとりや、歴史に残るコルトレーンの姿などを交えて解説。

Read More
ヒロ・ホンシュクの楽曲解説No. 230

ヒロ・ホンシュクの楽曲解説 #19 <Nardis>

5月26日、マイルスの生誕91周年を迎え、筆者のお気に入りの<ナルディス>を取り上げ、マイルスが『Kind Of Blue』でジャズの歴史に残したモード・ジャズの解説を試みた。この曲はマイルスがあまりにも時代を先行し過ぎて、作曲当時ビル・エヴァンス以外マイルスを満足させられず、マイルス自身によって録音されることなくボツになった曲だ。

Read More
Concerts/Live ShowsNo. 223

#920 Steps Ahead meets Soul Bop
ステップス・アヘッド meets ソウル・バップ

マイク・マイニエリは78歳、ステップス・アヘッドはメンツが流動的、自在なのがかえって吉と出て、懐メロに終わることなく、毎回新鮮な感動がある。その中でのオリジナル・ステップスの名曲の演奏を温故知新で聴けたのは非常に貴重だった。

Read More
Jazz Meets 杉田誠一No. 219R.I.P. ジェレミー・スタイグ

#97 追悼 ジェレミー・スタイグ

ほんの1週間前の、ヘロヘロ苦汁のエヴァンスとはまったく別人かと思わせるほどの活性化である。明白に、スタイグは、トリオを凄まじくも。扇情的にあおり続ける。ゴメスとマーティ・モレルは、ただただリズムを正確に刻んでさえいれば、用が足りた。

Read More
CD/DVD DisksNo. 219ヒロ・ホンシュクの楽曲解説R.I.P. ジェレミー・スタイグ

ヒロ・ホンシュクの楽曲解説 #8 追悼ジェレミー・スタイグ

ジェレミー・スタイグが亡くなってしまった

Read More
特集『ECM at 50』Interviews~No. 201

#Interview #126(#60) Keith Jarrett -Part1-

だから「インプロヴィゼーションを最優先して、これからの人生を過ごそう」と誓ったんだ。年を取りすぎて演奏できなくなるまでね(too old to play)。

Read More
~No. 201

#669 スコット・ラファロの肖像 – レゾナンス・レア音源シリーズ(1)

本アルバムはただ単にレアな音源というにとどまらず、ドン・フリードマンとのトリオ・プレイ、エヴァンスとのデュオ・リハーサルを通じてスコット・ラファロの俊敏な反応と超人的なベース・ワークが充分堪能できるのである。

Read More