#87 『地下音楽への招待』

閲覧回数 3,049 回

この本はインタビュー&アーカイブではない、博物館なディスクアーカイブとも無縁だ、70年代後半から80年代にあったとされる音楽は今もリアリティを持って生きていることに愕然とさせられる、付録CD 18トラックがそれを補完している、

Share Button
Read more

#86 「ヴァン・ゲルダー決定盤 101」

閲覧回数 3,610 回

ジャズ喫茶で名盤に耳を傾け、新譜を追いかけたファンにはあの肉迫するスリリングでダイナミックなヴァン・ゲルダー・サウンドがまざまざと蘇ってくるだろうが、ヘッドフォンやイアフォン主体のデジタル世代の若者にはゲルダー・サウンドはどのように響いているのだろうか。

Share Button
Read more

#85 「プライベート・マフィア 草兵」

閲覧回数 2,100 回

ここに登場するのは、そのスマッグラーの中でもなんら組織を背景としない一匹狼。ノルマや規律にしばられないフリーランスの運び屋だ。草兵、41歳。国際前科4犯。身長180センチ。彼はみずからのことを、プライベート・マフィアと呼ぶ。

Share Button
Read more

#084 『人生が変わる55のジャズ名盤入門』

閲覧回数 1,719 回

日本のトップ・ジャズ・ベーシストのひとり、鈴木良雄が語り下ろしたジャズ名盤55選

Share Button
Read more

#1284 『Vladimir Tarasov, Eugenijus Kanevičius, Liudas Mockūnas / Intuitus』

閲覧回数 9,131 回

ウラジーミル・タラーソフのLPレコードと本の話題

Share Button
Read more

Reflection of Muisc vol.44 ウラジーミル・タラーソフ

閲覧回数 2,701 回

ロシア屈指のドラマー、ウラジーミル・タラーソフの自伝『トリオ』(鈴木正美訳、法政大学出版局)が出た。タイトルが示すようにヴャチェスラフ・ガネーリン(p)、ウラジーミル・チェカーシン(sax)と出会い、ガネーリン・トリオ(GTChトリオ)の結成から解散に至るまでを回顧している。随分と音楽家の自伝や伝記を読んだが、この本はそれまで読んだものとは全く違う。音楽家や彼らを取り巻く人々だけではなく、KGBや国外に行ったときに同行する「外套」と呼ばれる監視要員も登場、まるでロシアを舞台としたサスペンス小説のような世界だった。

Share Button
Read more

1/15 ウラジーミル・タラーソフ自伝『トリオ』刊行

閲覧回数 3,066 回

ロシアを代表するドラマー、ウラジーミル・タラーソフの自伝『トリオ』(鈴木正美訳、法政大学出版局)が刊行された。

Share Button
Read more

#082『日本のジャズは横浜から始まった』

閲覧回数 1,172 回

text by 稲岡邦弥 タイトル: 日

Share Button
Read more

#071 『世界フリージャズ記』

閲覧回数 970 回

ジャズ評論家副島輝人が1970年代後半から『ジャズ批評』、『パイパース』などに寄稿した文章が集成され、一冊の本になった。現代ジャズの広がり、その発展と変容に迫った内容でリアルタイムの現場を伝える貴重な著作集。

Share Button
Read more